C mobile(Cモバイル)はこんな人におすすめ!メリットとデメリットを徹底調査

さまざまなポケットWi-Fiがある中から自分に合ったもの探すのはいろいろと手間がかかりますよね。そんな人のポケットWi-Fi選びの参考となるように、今回はC mobile(Cモバイル)について取り上げていきます。

C mobile(Cモバイル)にはどんな人がおすすめなのか、メリットデメリットはなんなのか、契約期間や支払方法などについて紹介していきますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク



C mobile(Cモバイル)とは?

C mobile

C mobile(Cモバイル)とは株式会社 NEXT ONEが提供しているドコモの回線を利用したポケットWi-Fiのことを言います。繋がりやすさを前面に押し出しているのが特徴です。

C mobile(Cモバイル)のメリットは?

C mobile(Cモバイル)のメリット

C mobile(Cモバイル)を利用するメリットは何でしょう?

メリット1

C mobile(Cモバイル)の最大のメリットは回線の繋がりやすさでしょう。これはドコモのクロッシィの電波を利用していることが要因です。

そもそもクロッシィとはドコモが提供しているLTEを使ったインターネットサービスの名称であり、2010年の12月より導入されています。

このドコモのクロッシィは山間部や地下エリアなど普段はつながりにくいとされているエリアでも快適にインターネットが使用できることが知られています。

それもそのはずで、もともとクロッシィは山間部や地下エリアのようなもともと電波が届きにくかった場所をカバーするために導入されたものなのです。

都市部はほぼ完全にインターネットに接続が可能なのはもちろんですが、地方も電波がつながりやすく人口カバー率もほぼ100%となっています。

ポケットWi-Fiってそもそも電波が弱くて繋がりにくいって噂も聞くけど大丈夫かなと不安に思う人にはC mobile(Cモバイル)は非常に向いていると言えるでしょう。

事前に使用する地域でポケットWi-Fiを使用できるかどうかは調べることもできます。

メリット2

次のメリットは申し込みの翌日に発送をしてくれる点です。
遅くとも1週間以内にはポケットWi-Fiが手元に届くでしょう。

メリット3

最後のメリットは解約違約金が他のポケットWi-Fiを比べると安い点にあります。月額の使用料もC mobile(Cモバイル)は比較的安く2,800円からの定額となっていますが、解約違約金も安いです。

すでに知っている人も多いとは思いますがポケットWi-Fiなどのインターネット接続サービスは契約期間の途中で解約をする場合は解約違約金が発生します。

C mobile(Cモバイル)の場合は契約更新月の解約は無料、契約更新月以外の解約は9,500円となっています。

他のポケットWi-Fiを取り扱っている会社であれば契約更新月の解約が無料なのは同じです。しかし、契約更新月以外の解約は9,500円から19,000円程度と幅があり契約からどれくらいの期間が経過しているかによって違約金が変わってきます。

契約してあまり期間が経っていない場合は違約金が高く設定されており、長く使っていれば違約金がその期間に応じて違約金が安く設定されています。

いつ解約してもC mobile(Cモバイル)の場合は一律ですので契約したばかりだけど引っ越しなどの都合で解約しなくてはならないという場合でも安く解約することができます。

C mobile(Cモバイル)のデメリットは?

C mobile(Cモバイル)のデメリット

もちろんメリットばかりではなくデメリットもあります。
しっかり確認をして把握しておきましょう。

デメリット1

一つ目のデメリットは速度制限がやや厳しいという点です。インターネットに接続することが多い人向けの「使い放題プラン」を契約した人でも3日間に2GB以上使用した場合は速度制限がかかります。

使い放題なのに使えるGB数が決まっているのと思う人もいるかと思いますが携帯の電波を使用している点からも契約者が一度に通信を使いすぎてしまうといろいろ不都合なことが起きてしまうのでしかたのないことなのでしょう。

ちなみに速度制限が適応されてしまうと通信速度は128Kbpsまで落ちてしまいます。これはWebの閲覧やメールの送受信くらいならなんとかストレスなく出来るというレベルです。

「使い放題プラン」以外のプランもありますが、それらのプランも3日間の使用限度が決められており、使用限度を超えると速度制限がかかります。

他のポケットWi-Fiも同様の通信制限を設けているところは多いですが、3日間で2GBという制限はその中でも厳しく、また容量を超えた場合の速度制限のスピードも遅い部類に入ります。

この通信量制限と速度制限の厳しさはC mobile(Cモバイル)の最大のデメリットとも言えるでしょう。特に毎日動画などをみて通信量を使う人にとってはC mobile(Cモバイル)の利用はあまりメリットが感じられないかもしれません。

デメリット2

次のデメリットとしては通信速度が挙げられます。

通信速度が下り最大150Mbpsまで使用できますが、インターネット接続をできるだけ早く行いたいという人であればあまり向かないかもしれません。

ポケットWi-Fiの中には最大440Mbpsから758Mbpsの所もありますので早さを求めるのであれば違うポケットWi-Fiを選んだ方がよいでしょう。

デメリット3

最後のデメリットは早期の解約は解約違約金と別に料金がかかる場合がある点です。C mobile(Cモバイル)の端末料金は月々の月額料金に含まれる形の契約となっています。そのため、あまり早くに解約してしまうと端末代金を別途払う必要が出てくるのです。

ちなみに月々払っていく分には月割が適応されているので実質的には端末代金はかかりません。さきほどメリットで違約金はいつ解約しても一定なのでお金がかからないと記述しましたが、端末代金のことを考えれば短期の契約で解約するとデメリットとなる場合が多いでしょう。

C mobile(Cモバイル)がおすすめの人は?

C mobile(Cモバイル)がおすすめの人は?

C mobile(Cモバイル)のメリットをお伝えしてきましたが、ここからは具体的にどんな人にC mobile(Cモバイル)がおすすめなのかをお教えします。

まずは山間部や地方といったインターネット接続の回線がつながりにくいエリアに住んでいる人です。

また普段ドコモの携帯を使っている人や知人にドコモの携帯使っている人がいてドコモ回線安心感がある人や信頼感がある人にもお勧めです。

さらにインターネット接続を簡単に手間なく行いたいという人や料金を抑えたいという人にとっても非常に利用しやすくなっています。

C mobile(Cモバイル)の契約期間や支払方法は?

クレジットカード支払い

ここまで見てきてC mobile(Cモバイル)に向いているかもしれないという人のために契約期間と支払方法についてお教えします。

C mobile(Cモバイル)の契約期間は36ヶ月です。また月途中の契約、解約の場合も月額料金の日割り計算は行いません。そのため契約する場合は月初めに契約した方がお得になります。

契約期間の縛りがないをポケットWi-Fiを希望するのであれば縛りなしWiFiがおすすめです。

C mobile(Cモバイル)の支払方法はクレジットカードのみとなりますので現在クレジットカードを持っていないという人はクレジットカードをまず作る必要が出てきます。

C mobile(Cモバイル)の口コミは?

C mobile(Cモバイル)の口コミ

口コミで多かった意見としては

  • 「あまりインターネットを使わない環境にいて、かつ地方の山間部に住んでいる人は料金が安くつながりやすいので非常に便利です」
  • 「通信量制限がもうすこし緩和されたらもっと使いやすい」

などがありました。

これらから見てもC mobile(Cモバイル)は必要な時に必要なだけインターネットを使う人にとっては使いやすいポケットWi-Fiだと言えます。

C mobile(Cモバイル)に向いているかどうかはあなたの使い方次第!

ここまでC mobile(Cモバイル)のメリットやデメリットなどについて紹介してきましたが、あなたが使いたい条件に合うポケットWi-Fiでしたか?

条件に合えば月額料金は安いし、繋がりやすいので非常に使い勝手のよいポケットWi-Fiと言えるでしょう。

しかしデメリットについてもしっかり考えたうえで、契約すべきかを考えるようにしてください。

スポンサーリンク