スポンサーリンク

よく使う文字・単語を登録する方法

パソコンを利用しているとよく使う文字や単語ってありますよね?
例えばメールでよく使う名詞や電話番号、メールアドレスなど。イチイチ入力するのって手間ですよね?
しかも電話番号やメールアドレスって1文字間違っていてもわかりづらいし、間違ってしまったら大きなトラブルになりかねません!

そこでおすすめしたいのが単語の登録機能です。
よく使う単語を「よみ」と対で登録することによって、読み仮名を入力して変換するだけで登録した単語が変換候補に表示されるようになるんです。

スポンサーリンク

単語の登録を起動する

タスクバーの①入力文字スイッチを右クリックし、メニューリストから②単語の登録を選択します。

単語の登録設定

 

単語を登録する

ここではメールアドレスを登録する例を紹介します。
単語欄にメールアドレスを記入します。
よみ欄に平仮名で読み仮名を入力します。この文字を入力した際に、変換候補に登録した単語が表示されます。

次に品詞のセレクトで短縮よみを選択します。

入力が完了したら登録をクリックして登録完了です。

単語の登録 新規登録

 

実際に登録した単語がちゃんと変換されるか確認してみましょう!
「めーる」と入力し、変換すると登録した単語が変換候補の一番目に表示されました。

変換候補

 

登録した単語を編集する

登録した単語を編集したい場合はユーザー辞書ツールから編集が行えます。
単語の登録同様にタスクバーの①入力文字スイッチを右クリックしたら、今度はメニューリストから②ユーザー辞書ツールを選択します。

ユーザー辞書ツール

 

登録してある単語一覧が表示されるので編集したい単語をダブルクリックします。

編集する単語を選択

 

単語の編集画面が表示されるので、修正箇所の編集が完了したら登録をクリックして完了です。

単語の編集

 

スポンサーリンク

LINE@オープン
Windows10ヘルプ的なもの公式LINE@をオープンしました! 最新のWindows10関連ニュースや更新情報をお知らせします。 是非友だち登録してください!