スポンサーリンク

Windows10の付箋アプリ「Sticky Notes」の使い方

Windows10でも、おなじみの付箋機能を使うことが出来ます。Windows10では、「Sticky Notesという付箋アプリが標準で入っています。デスクトップに、タスクを貼って仕事を効率化させたり、スケジュールを貼って整理したりと、アイデア次第で便利に使えるアプリです。ここでは、「Sticky Notes」の使い方を分かりやすく解説して行きます。ぜひ覚えて、デスクトップにペタペタ貼ってみましょう。

スポンサーリンク

付箋アプリ「Sticky Notes」を起動する

まずは、スタートメニューから付箋アプリを選びます。

画面左下の①「Windowsマークをクリックしてみましょう。画面の様にスタートメニューが表示され、インストールされているアプリやソフトウェアの一覧が表示されます。

その中に「Sticky Notesというアプリがありますので、クリックして起動します。(青枠)

「Sticky Notes」が起動して、デスクトップに付箋が出来ました!

ここに、文字を入力します。付箋の中にカーソルを表示させて、テキストに文字を打つのと同じように文字を入力して行きます。

付箋の色を変更する

付箋の右上にある「・・・」のメニューをクリックします。

メニューから好きな色を選んでクリックしてみましょう。ここでは、スカイブルーを選びます。

付箋の色が、スカイブルーに変わりました!

付箋を追加・削除する

付箋の左上にある「+マーク」をクリックすると、新しい付箋が追加されます。

このように、新しい付箋が追加されます。

今度は、付箋を削除してみましょう。付箋の右上の「ごみ箱マーク」をクリックします。

このような確認画面が出ますので、「削除」をクリックすると付箋が削除されます。

付箋の大きさを変更する

付箋のサイズを変えたり、場所を移動させたりすることもできます。

好きな大きさにして、デスクトップの好きな場所に貼り付けてみましょう。

  • 横のサイズを変えるときは、付箋の右の端を左右にドラッグ
  • 縦のサイズを変えるときは、付箋の下の端を上下にドラッグ
  • 全体の大きさを変えたいときは、付箋の右下を斜めにドラッグ

色々と試して、操作に慣れましょう!!

スポンサーリンク

LINE@オープン
Windows10ヘルプ的なもの公式LINE@をオープンしました! 最新のWindows10関連ニュースや更新情報をお知らせします。 是非友だち登録してください!