スポンサーリンク

Windows10でスクリーンショットを撮る(printscreen)方法

Windows10でスクリーンショット(printscreen)を撮る方法を紹介します。

スポンサーリンク


スクリーンショットを撮る方法

Windows10でスクリーンショットを撮るのは非常に簡単で、キーボードのショートカットキーの「PrtSc」もしくは「PrintScreen」キーを押すだけで撮ることができます。

(ノートパソコンなどの場合には「Fn」+「PrtSc」もしくは「PrintScreen」キーを押すことでスクリーンショットを撮ることができます。)

スクリーンショットの貼り付けと保存方法

撮ったスクリーンショットはクリップボードに保存されるため、「右クリック⇒貼り付け」もしくは「Ctrl+V」で貼り付けることができます。

クリップボードに保存される画像はその画面全体となります。

撮ったスクリーンショットをJPEGなどで画像として保存したい場合には、一度ペイントなどのソフトに貼り付けて保存することで、画像として保存することができます。

現在開いているウィンドウのみをスクリーンショットする

また、「Alt」+「PrintScreen」キー(ノートパソコンの場合には「Fn」+「PrintScreen」キー)でもスクショを撮ることができます。

この場合スクショとして撮られる画像はアクティブウィンドウのみとなります。
「PrintScreen」キーのみ、「Alt」+「PrintScreen」キーを使い分けられると非常に便利なのでぜひ覚えておいてください。

スクリーンショットを撮るアプリ

また、上で紹介した方法以外にもスクショを撮る方法があります。
スクショを撮るほかの方法はスクショ用のアプリケーションをインストールして使用する方法です。

代表的なアプリケーションとしては「WinShot」「WebShot」などがあります。
これらのアプリケーションは無料で使用することができます。
これらのアプリケーションをダウンロードし、インストールすることで簡単にスクショが撮れます。

WinShot
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/winshot/

Webshot
http://www.websitescreenshots.com/

 

これらのアプリケーションの大きな特徴としては、すぐに画像として保存できることです。
最初に紹介した方法では「ペイントなどへの貼り付け⇒保存」をしないと画像としては保存されません。

そのため大量にスクショを撮り、画像として使用したい場合には専用のアプリケーションを使うのがおすすめです。

反対に、たまにしか使わない方や、一枚しか撮らない方は最初に紹介した方法でも全く問題ありません。

また専用のアプリケーションであれば画像として保存する際の拡張子を選ぶことができます。さらにスクショのサイズなども自分で簡単に選ぶことができるので非常に便利です。

スポンサーリンク

パソコンの使い方を電話サポート!価格.comプラス
スタンダードプラン/サポートプラン以上ならスマートフォン、タブレット、パソコンの使い方から、ルーターやプリンタなどの接続方法まで電話・リモートサポート!
さらに自然故障の無料修理サービスが期間中は何度でも無償!