スポンサーリンク

Windows10のIE11でスクリプトエラーが出る場合の対処法

最新式のWindows10は従来のタイプに比べて処理スピードが速く使いやすいのですが、しかし最新式の物に共通するように新しく組み立てられたものは大抵使ってみないと分からない不具合というのが多いのです。

そのWindows10の不具合の中で、最も多いのがインターネットブラウザーIE11を使った時に生じるスクリプトエラーです。

スクリプトとは台本を意味する英語ですが、インフォメーションテクノロジー用語においては情報処理技術の一環として使われています。

スクリプトがあることによって、例えばインターネット検索をする際に単体のキーワードを使って情報を探します。

しかし単体のキーワードだけで物事を探すということは、単体のキーワードだけでも膨大な情報となってしまい解読できないです。

そこでスクリプトシステムをあらかじめ情報端末内に内蔵しておくことによって、機械語への変換や実行可能ファイルの作成などの過程を省略または自動化し、ソースコードを記述したら即座に実行できるようなプログラムのことをスクリプトというのです。

このスクリプトがあるからこそネット環境は言語や言葉の意味の違いを気にせずに使うことができますが、ただし先に言ったとおりに最新式の物に共通するように新しく組み立てられたものは大抵使ってみないと分からない不具合があります。

Windows10のIE11でスクリプトエラーが出る場合も、新しく作ったことでプログラミングの一部に欠陥が起きていることで発生している場合があります。

Windows10のIE11でスクリプトエラーが出る場合の対処法としては、複数の Web ページにスクリプト エラーが発生していることを確認します。

そのうえでInternet Explorer を起動し、ツールメニューのインターネット オプションをクリックします。

インターネット オプションダイアログ ボックスでセキュリティタブをクリックし、既定のレベルをクリックします。

これで大抵は治りますが、それでも治らない場合には次の方法をとります。

同じくツールバーにある履歴を押して、その中にあるインターネット一時ファイルをクリックし削除ボタンをクリックして情報をなくします。

このほかにも高度な方法として スムーズ スクロールをオフにするやハードウェア アクセラレータを無効にするなどがあります。

これらの方法でも治らない場合にはウェブページが破損しているか、情報端末自体に支障が出ている場合があるので修理することをお勧めします。

スポンサーリンク

パソコンの使い方を電話サポート!価格.comプラス
スタンダードプラン/サポートプラン以上ならスマートフォン、タブレット、パソコンの使い方から、ルーターやプリンタなどの接続方法まで電話・リモートサポート!
さらに自然故障の無料修理サービスが期間中は何度でも無償!