スポンサーリンク

スタートメニュー(スタート画面)の使い方

Windows10のスタートメニューはWindows7とWindows8.1を合わせたような新しいメニューとなっています。

ここでは新たなメニューの使い方と新機能について紹介します。

スポンサーリンク


スタートメニュー機能紹介

  1. アカウント
    PC設定のアカウントメニューへショートカット
  2. よく使うアプリ
    利用頻度が高いアプリや最近利用したアプリ
  3. ショートカットメニュー
    エクスプローラーや設定画面を起動
  4. スタート画面
    カスタマイズ可能なタイルベースのアプリメニュー
    2015-12-19_17h43_36

 

スタートメニューの設定・カスタマイズ

スタート画面ではアプリケーションを追加・削除したり、アプリを開かなくても最新情報を表示したり設定を変更することが可能です。

スタート画面に追加する(ピン留めする)

スタート画面にはよく利用するアプリを追加する(ピン留めする)ことができます。

利用したいアプリにカーソルを合わせます。
2015-12-19_17h47_01

アプリ上で右クリックをしてスタート画面にピン留めするを選択します。
2015-12-19_17h47_17

スタート画面に追加(ピン留め)されました。
2015-12-19_17h47_36

アプリのサイズを変更する

スタートメニューにピン留めしたアプリ上で右クリックをしてサイズ変更からサイズを選択します。
選べるサイズの種類はアプリによって異なります。
2015-12-19_17h47_56

タイルを移動する

タイルはドラッグして移動することができます。
2015-12-19_17h49_41

タイルを消す・削除する

タイル上で右クリックしてスタートからピン留めを外すを選択するとタイル一覧から消すことができます。

グループ名の設定

いくつかのアプリをまとめてグループ化できます。
アプリの上部スペースをクリックしてグループ名を入力します。
2015-12-19_17h51_57

ライブタイルを利用する

タイルにはライブタイルと呼ばれる最新情報をアプリタイルに表示するものも存在します。

ライブタイル対応アプリの上で右クリックをし、その他・ライブタイルをオンにするの順でクリックします。
2015-12-19_17h52_44

すぐには表示されませんがしばらくするとライブタイルが反映されます。
2015-12-19_18h06_16

スタートメニューが開かない・反応しない

スタートメニューが開かない・反応しないと言った現象はまれに発生するようです。

左下のスタートボタン上で右クリックしてシャットダウンまたはサインアウトから再起動してみてください。

再起動してもスタートメニューが開かない場合はシステム ファイルを修復する必要があります。

下記の記事も合わせて確認してみてください。

スタートメニュー/スタート画面が表示されない場合の対処法

 

スポンサーリンク

パソコンの使い方を電話サポート!価格.comプラス
スタンダードプラン/サポートプラン以上ならスマートフォン、タブレット、パソコンの使い方から、ルーターやプリンタなどの接続方法まで電話・リモートサポート!
さらに自然故障の無料修理サービスが期間中は何度でも無償!